ブログ

古代ガラス
2013/05/31

いよいよ明日から6月。

今週はうじうじした空模様が続きましたが、芦屋の空も久しぶりに晴れています。

公園や街角の生垣にさつきの花が鮮やかに咲いています。

 大英博物館からの特別出展された古代ガラスの世界的名宝が、滋賀県甲賀市にあるMIHO MUSEUMにて開催されています。

はるか4500年前、北メソポタミアで生み出されたガラスは、鮮やかな色彩と美しい輝きで人々を魅了し続けてきました。

制作技術の進歩と共にラピスラズリの紺碧やトルコ石の青緑、カーネリアンの深紅やアメジストの赤紫を再現する色ガラスが実用化されます。

ついにはモザイクガラスやゴールドサンドイッチガラスのように、天然の貴石を超えるほどの美に到達しました。

現代でもアンティークガラスの食器や装飾品などは大変人気があり、コレクターも多いです。

透明感や自在な成形といったガラスの特性を巧みに利用し、新たな美の世界を創造した古代の美意識がうかがい知れますね。

私ども寿永堂は、古美術・骨董品を取り扱っており、 全国各地、無料出張鑑定、買取させていただいております。
古美術・骨董品のご処分などをお考えの際は、どうぞお気軽にお声掛けください。
兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山などの近畿地方を中心に全国に無料出張いたします。

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。