ブログ

2011/10/18
掛軸の保存方法

日本には四季がありますので美術品の保存は 気を付けなければ品物によっては傷みが進んでしまったり 価値が下がってしまう場合もあります 弊社でも お客様から買受た品物の管理には気を付けています 鑑定させていただく時に時々見るのが代々受け継いできただけで 保存法など知らなかったために状態が悪くひどい場合は残念ながら買受ができなくなってしまった品物です以前 兵庫県宝塚市に買受に行ったのですが上村松園の掛軸が… [ 続きを読む ]

2011/10/14
神戸にて

 先日は 兵庫県神戸市にて早朝から昼にかけて仕事をしてきました 帰りには少しお腹がすいたので元町にあります南京町へブラリと観光客でにぎわっている中 路上にて中華料理のファーストフード的なかんじで唐揚げや春巻き いろいろあり食べ歩きを楽しんできました … [ 続きを読む ]

2011/10/11
価値観

この仕事をとおして 古さの価値観の違いはよく感じます人によっては5~10年 または50年を古いと思われる方もいますが古美術の世界での古いは何百年も昔のことをいいます かといって古ければ古いほど価値のある物かというとそうでもなくただ古いだけの物もあれば比較的近代のもの例えば江戸~大正の時代の物でも または5~10年前の物であっても作家によりさまざまな高い価値のつく物もあります 最近のお問い合わせなどで… [ 続きを読む ]

2011/10/04
橋渡し

今回は何か月に一度の遠方へ 福島県で三代続いた60代のご夫婦のお宅へ行きました父親が建て替えた際、蔵の中を全て倉庫へご夫婦で興味のある物は楽しんでおられましたがほとんどが手つかずでほこりをかぶっているとのこと震災がきっかけでご相談がありました 遠方なので何度か電話にて打ち合わせをし残す物は残し あとは値段があえばおゆずりいただけるとのことでしたのでお伺いすることになりましたうかがってみると新しい家で… [ 続きを読む ]

2011/09/27
象牙の売買 譲渡について

象牙の取引は ワシントン条約で1989年から国際取引が禁止され日本国内での売買 譲渡には「財団法人自然環境研究センター」が発行する「国際希少野生動植物種登録票」がなければ罰則を受けることとなります 大きな牙に限らず 破片も細工された加工品も全て登録証が必要です 今年5月11日に 無登録の象牙売買で「種の保存法」違反容疑で4名が逮捕されましたこの無登録販売摘発は全国初だということです日本は ワシントン… [ 続きを読む ]

2011/09/20
日本刀豆知識

古物商として 刀や象牙を取り扱うことがありますが先祖代々受け継いできただけで 取扱いや売買について知らない方は多いです 日本刀といえばまず頭に浮かぶのが「銃刀法」です刀を所有するには警察への届け出や申告が必要と思う方が多いようですが日本刀の登録は 各都道府県の教育委員会・文化財保護係が発行しています 刀の一つ一つには「銃砲刀剣類登録証」がついています持ち主が変わると登録証の名義が替わります刀を購入したら… [ 続きを読む ]

2011/09/13
鑑定方法

査定依頼を受け鑑定をする場所 形はさまざまですお客様のお宅に伺う弊社にお持込いただく郵送いただき鑑定などが主な形です 最近お伺いしたお宅にてお聞きしたのが遠方だと来てもらうのもきのどくと問い合わせをあきらめたり品物の価値によって遠慮がありやはり 問い合わせをためらった との話しです 弊社では そのような場合でもお気軽に電話一本いただけましたら 担当の者や鑑定士がお話しをうかがい良い方法を考えて対応し… [ 続きを読む ]

2011/09/06
身近なところに

台風も去り晴れた日になりました 本社の引越し~鑑定依頼 日常業務のかたわら片づけながらあっというまに日にちが過ぎてしまいました 以前 このブログにて中国古美術ブームについて書きましたが最近の鑑定依頼は韓国や中国の品物が結構増えてきていますだいたいが 日頃気にもとめていなかった物をふと見てみると中国物でしたという方が多く全てに高値がつくわけではありませんが中にはお値打ちの品物もあります 香炉や銅… [ 続きを読む ]

2011/08/30
本社移転

 涼しくなったかと思えば まだまだ暑い日が続きます 先日はこの暑い中日常業務をこなしながら本社移転の引越し作業も加わり大変いそがしかったです 上の階は事務所とショールーム一階は店舗となりますが店舗の内装がまだ工事中ですのでオープンはもう少し先です場所は最寄駅から大変近く引越し早々お持ちいただいたお品を鑑定したりお客様との窓口がひろがり嬉しいかぎりです まだまだバタバタとした日は続きま… [ 続きを読む ]

2011/08/23
美術の国境

 先週から暑さもましになってきましたまだまだお盆のなごりで 帰省された家族の手伝いで蔵整理をしたからと大きな仕事の多い週でした他には 実家から持ち帰ってきたとゆう掛軸や壺など古美術の鑑定依頼も多く連休明けらしい日々の仕事でした あとプライベートでは京都の高麗美術館へ行ってきました ここは 三国時代から李朝末期までの中国 朝鮮(韓国)の古美術を主に展示しており今は「花卉草蟲」とゆう 草、花、… [ 続きを読む ]

鑑定のご相談、
お待ちしております!

お電話でのご相談・鑑定依頼

電話買取簡易査定が可能ですので、まずはご相談ください。

0120-13-6767

鑑定依頼メールフォーム

出張鑑定や持ち込み鑑定のご依頼はメールフォームからも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールフォームはこちら

多くの士業関係の方からも御依頼を頂いております。お気軽にご相談ください。